芍薬のアレンジ

先週はたくさんの方が個別配送でお花をご注文下さいました。

今の時期に綺麗に咲いている芍薬が主役のアレンジメントでした。

が、新鮮な状態で届くのでまだまだ芍薬の蕾は固く、全く咲いていない為、咲くまでの間はバラやトルコキキョウを代わりに目立つようにして生けて頂きました。芍薬が咲いたら、芍薬が目立つように生け替えてください。

生徒さんが何名かお写真を送って下さいましたのでまたご紹介させて頂きます。

こちらはY・Aさんの作品です。

最初生けたのは自分の思っていたのと違った感じになってしまったそうで、初めからもう一度生け直して下さったそうです。

すっと高く入れた芍薬やニューサイランでしっかりとメリハリがついています。
芍薬が咲いていなくても十分華やかなアレンジメントです。
グリーンも上手に使ってフォームもきちんとカバーされています(^^♪

次はA・Tさんの作品です。

彼女はニューサイランとアイビーを横に流れるような感じに入れられたので優しく優雅な雰囲気に入っています。

写真だとわかりにくいですが、ガラスの花器を使われたのでこの時期にピッタリの爽やかな作品となりました。アレンジメントを久しぶりに作られたとの事ですが、それぞれの特徴を生かして生けられていると思います。

今回も素敵な作品のお写真をありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.09.15

    竹の合作
  2. 2020.08.30

    光触媒
PAGE TOP