秋の実もの

秋に入り、実ものを生ける機会が多くなってきました。

小さなものだとツルウメモドキや鈴バラの実、ノイバラの実、大きなものだとフォックスフェイスや柿などです。実ものは花と同じくらい存在感があって、作品に使うと華やかになります。

実は残す位置によって作品にリズム感が出せたり、メリハリがつけられたりもします。

ただ大きな実はかなり重いので、花器が倒れないようにバランスを考えながら生ける必要があります。

冬にはバーゼリアやシルバーブルニア、ユーカリテトラゴナ、サンキライ、ヒイラギ、南天、千両などの実を生ける機会が多くあると思います。季節によって色々な材料に出会えるので楽しみにしていて下さい。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.11.27

    しめ縄飾り
  2. 2019.11.24

    秋の実もの
PAGE TOP