パッション&お花を長持ちさせるには

7月の終わりに制作した、鮮やかな色合いで持ちのよい花材を使ったカリキュラム作品です。

アンスリウム、クッカバラ、デンファレ、オリエンタルリリー、スタンダード&スプレーカーネーション、レモンリーフなどどれも日持ちする花材ばかりです。バラは長く使うと水が下がりやすいので今回は短めに使って頂きました。

形の面白いクッカバラやアンスリウムがよく見えるように空間を残しながら目立つ位置に入れて頂き、南国の風を感じるような元気で爽やかなアレンジを作って頂きました。

パティオ教室 H・Nさんの作品
パティオ教室 M・Sさんの作品

季節感のある素敵なアレンジメントがたくさん出来上がりました。暑さの厳しい毎日ですが、その時期にしか楽しめないお花もあります。
作りっぱなしでただお水を足すだけだとこの時期はすぐに枯れてしまいます。
延命剤を使ったり、こまめな水替え、時には器も洗ってぬめりを取ったり、茎の根元を水中で切り戻したり、傷んだお花は取り除くようにしてください。

暑いこの時期はしっかりとお花のお手入れをしてあげるとその分持ちます。
お花を制作している時はとても贅沢で楽しい時間です。お忙しい中でこういうお時間を取ることだけでも意味はあるし、素敵なことだと思います。
ですがお花は生きています。せっかく作った作品なのですから一日でも長く楽しめるように、お家でもどうかお世話をしてあげてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2023.01.12

    生け替え
  2. 2023.01.7

    謹賀新年
  3. 2022.12.30

    お正月花
  4. 2022.12.26

    しめ縄飾り
PAGE TOP