スワッグ

先週のレッスンはスワッグ作りでした。

スワッグとは花束を逆さに吊るしたようなものでドアや壁に飾るお花です。

ドライフラワーになっていく過程を楽しむとともにドライフラワーにしてからも飾れるので長く楽しめます。

こちらはT・Iさんの作品です。

お花屋さんにお勤めされている生徒さんなので、さすがバランスよく上手にスパイラルに組めています。

次はM・Oさんの作品です。彼女も長年教室に通って下さっていてインストラクター免許も持っていらっしゃる方です。中央にボリュームを持ってきて見映えよく組むことができました。

こちらはM・Sさんの作品です。彼女はとてもお忙しい中でもなんとかお時間を作って時々教室へ来て下さいます。何時も夜遅くに来て下さるので、写真を撮るにはちょっと灯りが足りなくて暗めの写真になってしまいました。
壁に掛けてみたらとても素敵な感じで、無機質なお部屋の入口が素敵な空間に変わりました。

私もサンプルとしてスワッグを二つ作りました。バラを長く使った場合と短く使った場合、花材をゆったりと組んだ場合と詰め気味で作った場合、壁に掛けた場合と空間に吊るした場合など変化を付けてどう作ると綺麗に仕上がるのか観察をしながらドライフラワーになる経過を楽しんでいます。

作ってから4~5日経ちますが、生花だったら茎が腐って傷んでくるころなのに、スワッグだと綺麗な状態で飾れています。こういう楽しみ方もいいなと思いました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.09.15

    竹の合作
  2. 2020.08.30

    光触媒
PAGE TOP