エディブルフラワー

先週の三好教室 ベーシックコースのレッスンはお花の苗を切花アレンジの中に取り込んだ作品でした。

その苗は種や土から無農薬にこだわって作られた安全なものなので、なんと食べることもできるんです。

食べられるお花を「エディブルフラワー」というのですが、そのエディブルフラワーをまずは切花と一緒に飾って楽しみ、その後その苗を育てることで次々とお花を咲かせてくれるので更に長く楽しめます。
育てたお花はサラダや生春巻き、カナッペなどのお料理に使うことができるんです。

写真は左側が三好教室のK・Sさん、右がF・Nさんの作品です。
二つの作品の全体を撮ったので小さくて見にくいですね(^_^;)

苗は高くなるようにセットし、サンダーソニアや黄色のスイートピー、バラやガーベラ、マトリカリアなどのかわいらしいお花たちと一緒に飾っています。

ポリシャスやアイビー、ゼラニウムなどのグリーンをたっぷりと使ってあるのでパッと見た感じは切花には見えず、まるで寄せ植えのようです。ビタミンカラーのお花が多く使われているのでとても明るい雰囲気の作品ができあがり、他のコースの生徒さん達が「かわいいねー」と口をそろえておっしゃっていました。

小さな小瓶もついていて、中にペッパーベリーの実を詰めてアレンジのアクセントとして数ヶ所飾ってあります。

レッスンでは緑のペッパーベリーが付いてきたのですが、私の家にピンクのペッパーベリーもあったのでそれもお持ちしてベーシックコースの皆さんに使って頂きました。

こんな時期でもほぼ全員の方が出席して下さり、可愛い作品をたくさん見ることができて気持ちが和んだ日でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.04.9

  2. 上下に重ねられる瓶です

    2020.04.8

    ハーバリウム
  3. 2020.04.4

    ミニブーケ
  4. 2020.04.1

    羊毛フェルト
PAGE TOP